宇部駅

うべ
JR西日本 山陽本線
山口県宇部市

宇部駅
駅舎正面 平成26年9月13日撮影
宇部市の郊外にある駅。駅前には商店や住宅が建ち並んでいますが、宇部市の中心市街地は南東方に7キロほど離れた場所に広がっており、当駅で接続する宇部線やバス路線によって結ばれています。また、かつては船木鉄道も接続していましたが、船木鉄道は昭和36年に廃止となっています。
【分類】 旅客駅
【考察】 駅は明治43年に「宇部」駅として開業。昭和18年に「西宇部」駅に改称の後、昭和39年に元の駅名に再改称。現在の駅舎は昭和61年に建てられたもので、以前の駅舎は木造駅舎だった。
「なにそれ」HOME >> 故郷 山口県の駅舎 >> 宇部駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
宇部駅
駅舎内部 平成29年7月30日撮影

宇部駅
駅構内とホーム 平成29年7月30日撮影

宇部駅
平成9年当時の駅舎 平成9年6月頃撮影